ファクタリングと融資を比較した場合の相違点

subpage1

事業規模が小さかったり、土地やビル等の担保価値のある資産を持たない企業は、外部から事業資金を調達するのが簡単ではありません。銀行はもちろんのこと、ノンバンクからも融資を断られることがあります。しかし、そんな事業者でも比較的利用しやすいと言われているのが、ファクタリングです。
ファクタリングは企業が取引を行う過程で発生する売掛債権を使い、資金を調達するという手法です。
売掛債権を活用した資金調達法としては、売掛金担保融資と呼ばれる手法が以前から存在しました。

ファクタリングの比較について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

ファクタリングもこの売掛金担保融資に似たシステムなのですが、両者を比較した場合最も異なるのは契約内容です。



前者がその名の通り融資であるため貸借契約を結んで利用するのに対し、後者は売買契約に基づいて現金を得ます。

つまり、売掛金を回収する権利を売り渡すことによって対価を得るということになります。融資ではないということから、ファクタリングには当然ながら返済義務が生じません。


また、利用時に手数料は徴収されるものの、利息を負担する必要もありません。そのため、売掛金担保融資と比較して気軽に利用しやすいという利点があります。

さらに、両者を比較した場合、ファクタリングの方が入金までのスピードが速い傾向にあるという点も重要な相違点です。



これは、融資ではないために返済能力などを審査する必要がなく、もっぱら債権の回収可能性を審査するだけで利用の可否が決められることによるものです。