ファクタリングを利用するとき比較するのはどこか

subpage1

中小企業を中心に利用実績が増加しているファクタリングは、比較的日本国内に紹介されてから日が浅い資金調達方法です。

ファクタリングの比較の最新情報が知りたい方にはこちらです。

法律による規制が比較的ゆるいことから新規に参入する会社が増加しており、利用するにあたってはどの会社を選ぶべきなのか悩んでしまうのが現状です。


なかには悪質事業者が存在しているので、賢くどこに依頼するべきか行動する必要があります。数あるファクタリング会社の比較ポイントのひとつは、手数料の水準です。
一般的な融資に比べると手数料が高いと言うのは確かで、3者間取引では券面額の1-10%・2社間取引では10-30%が相場となっています。
手数料は取引先の信用性にも左右されるので、単純化できませんがあまりに高額な手数料が提示されたときは、利用しないのが無難です。



ファクタリング取引を利用するときに注意したいのは、取引先に利用していることが伝わるリスクです。


3者間取引では債権譲渡する事実を通知することになるので、取引先としては利用会社の信用状況に不安を抱くことにつながります。

取引先への信用度を落としたくないのであれば、2社間取引を利用することになりますが、売掛金未回収のリスクがある分手数料が高めに設定されています。



売掛金をファクタリング会社に高く買い取ってもらうには、リスクの少ない条件で売却できるか否かにかかっているといっても過言ではありません。
取引先が大企業であれば倒産リスクが低く、逆の場合は高くなり手数料などに反映されることになるのです。

ファクタリングの予備知識

subpage2

近年、銀行等からの借り入れによらず事業資金を調達できる手法として企業の間で注目されているものに、ファクタリングがあります。これは、商取引に伴って発生する売掛金を回収する権利を、ファクタリング会社と呼ばれる専門事業者に売却することによってその代金を得るというものです。...

more

ファクタリングをよく学ぶ!

subpage3

事業規模が小さかったり、土地やビル等の担保価値のある資産を持たない企業は、外部から事業資金を調達するのが簡単ではありません。銀行はもちろんのこと、ノンバンクからも融資を断られることがあります。...

more

ファクタリングの特徴

subpage4

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2種類があるので、それぞれのメリットやデメリットを比較して条件に合ったものを選ぶ必要があります。例えばなるべく急いで資金調達をしたい場合には、即日での現金化も可能な2社間取引がおすすめです。...

more

いまどきのファクタリング

subpage5

ファクタリングとは売掛債権を支払期日前に売却して現金化する手続きのことで、急いで資金調達をしたい場合に便利です。具体的な仕組みは2社間取引と3社間取引で異なっており、両者のメリットを比較して使いやすい方を選ぶことになります。...

more