ファクタリングの比較ポイントとは

subpage1

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2種類があるので、それぞれのメリットやデメリットを比較して条件に合ったものを選ぶ必要があります。

ファクタリングの比較の詳細は専用ホームページで紹介しています。

例えばなるべく急いで資金調達をしたい場合には、即日での現金化も可能な2社間取引がおすすめです。



実際に現金化されるまでの時間や手数料などは、サービスの提供会社であるファクターごとに異なるので事前に確認するとよいでしょう。2社間取引はファクターとサービスの利用者である納入企業だけで行われるため、売掛先企業であるクライアントに通知をしたり承諾をもらう必要がありません。
3社間取引ではクライアントが関与するので、現金化までに時間がかかってしまうのが通常です。
ファクタリングは銀行から融資を受ける場合と比較して非常に早く資金調達を行うことができます。

2社間取引ならば即日での現金化も可能で、3社間取引の場合でも1週間ほどで入金してもらえます。
銀行に融資を申し込んだ場合には審査に1か月から2か月ほどかかりますが、ファクタリングならば即日から1週間ほどで現金化が可能です。

クライアントが関与する3社間取引ではファクターにとって貸し倒れリスクが低いため、手数料が安く設定されているだけでなく審査が比較的緩やかに行われます。


2社間取引はクライアントが関与せずファクターの貸し倒れリスクが高いため、審査が比較的厳しく手数料は債権額の6%から40%ほどとなっています。



3社間取引ならば1%から5%ほどの安い手数料でサービスを利用できるので、なるべくコストを抑えたい場合におすすめです。