ファクタリングにおける契約タイプの違いを比較する

subpage1

近年、銀行等からの借り入れによらず事業資金を調達できる手法として企業の間で注目されているものに、ファクタリングがあります。

初めてでもわかりやすい、ファクタリングの比較情報のお得な利用法をお教えします。

これは、商取引に伴って発生する売掛金を回収する権利を、ファクタリング会社と呼ばれる専門事業者に売却することによってその代金を得るというものです。

貸借関係が発生するわけではないので、通常の融資が利用できない小規模事業者や創業して日の浅い会社などでも利用できるチャンスがあるうえ、融資よりも審査がスピーディーであるという利点があります。



ファクタリングには、大きく分けて2つの種類があります。
1つは利用者と買取事業者の間だけで契約を結ぶもので、一般に2社間タイプと呼ばれています。


もう1つは3社間タイプと呼ばれるもので、これは2社に加えて取引先(売掛先)も契約に加わります。

この両者を比較した場合、2社間は3社間よりも申し込みから入金までのスピードが速いという特徴があります。


これは、3社間では取引先の同意を得るための時間が必要であるのに対し、2社間は利用者の意志さえ確認できれば良いからです。

買取事業者の中には即日現金化が可能である旨を謳っているところもあります。

一方、3社間は2社間と比較して利用手数料が割安だという特徴があります。


具体的な手数料水準は事業者ごとにまちまちですが、平均的な相場としては3社間は2社間と比較して3分の1から5分の1程度です。
この違いは、3社間が取引先の同意を得ているために回収不能のリスクが小さいことによるものです。