比較的利用しやすいファクタリングとは

subpage1

ファクタリングとは売掛債権を支払期日前に売却して現金化する手続きのことで、急いで資金調達をしたい場合に便利です。
具体的な仕組みは2社間取引と3社間取引で異なっており、両者のメリットを比較して使いやすい方を選ぶことになります。

ファクタリングの手続きに関わるのは基本的に納入企業とファクター、クライアントの3社ですが2社間取引ではクライアントが関与しません。

納得のファクタリングの比較の詳細はこちらで簡単に調べられます。

3社間取引ではサービスの利用者である納入企業と提供者であるファクターの他に、クライアントが関わるので現金化まで比較的時間がかかります。



2社間で取引を行う場合には、クライアントの同意が不要であり素早く手続きを進めることができます。
具体的な入金までの時間はファクターによって異なるので、複数の会社のサービス内容を比較検討するとよいでしょう。

2社間取引では即日から1週間ほどで入金されており、3社間取引でも早ければ即日で入金されるケースが存在します。


クライアントにファクタリングの事実を知られると発注量が減ったり取引停止になる可能性がある場合には、2社間取引を選ぶとよいでしょう。時間的な余裕があり、クライアントに知られても問題ない場合は手数料が安く審査が緩やかな3社間取引がおすすめです。



2社間取引はファクターにとって貸し倒れリスクが大きいため、手数料が債権額の6%から40%ほどと高額に設定されています。
3社間取引ならば貸し倒れリスクが小さいので手数料は債権額の1%から5%ほどとなっており、2社間の場合と比較して低額です。